ストレスや緊張で脇汗は

人が汗をかくのは、正常な生命活動の一つとして当然のように思われますが、自然に思われる汗もあまりに多いと不安や悩みに繋がることもあります。

 

例えば、大量に汗をかく脇汗は、男女の性別に関係なく、気になることでもあります。特に気温が高い夏は、湿気も重なり、少しの運動でも大量に脇汗をかいてしまう人もいます。

 

女性の中で脇汗に悩んでいる方はどれくらいいるのでしょう?

 

私自身、一時期本当に脇汗が酷く匂ってしまっていたらどうしよう、と気にして悩んだ時期がありました。

 

現在ではすっかり脇汗をかきにくくなったのですが、その時の状況を踏まえストレスや緊張が脇汗の原因であったことを証明したいと思います。

 

私が脇汗をかきやすくなった時期

まず、私が脇汗をかきやすくなったのが20代の後半に入った頃でした。

 

転職をして職場環境が大きく変わった事で、それまで私には無縁だと思っていた脇の匂いを感じるようになったのです。

 

よく脱毛をすると脇汗をかきやすくなると言いますが、ちょうどその頃には脇の脱毛も完了していたのでそれも関係があったのかもしれません。

 

ただ、脇汗をかくのは決まって仕事中や付き合いたての恋人といるような時でした。

 

仕事中どんなに忙しく慌ただしくしていても、全体的に汗ばむことはあっても特別に脇汗だけを書くという事はあまりなかったのです。

 

けれど、接客業なので仕事柄お客様と二人になってブースでカウンセリングなどをしていると、全く体を動かしていないにもかかわらず、じわじわと脇汗が出てくるのです。

 

それも、カウンセリングの度に毎回です。

私の対処法と言えば

私は常にワキ用のふき取りシートをポケットに潜めており、会話の合間を縫ってお手洗いに駆け込んでは拭いていました。

 

また、これが生理の時期と重なると、通常の時よりも匂いが強くなってしまうんです。

 

その結果、気にしすぎてしまってあまり人に堂々と近づけなくなってしまいそうだったので、途中からは仕事に対してあまり向き合わずに多少のことは受け流しながら気楽に対応する事を覚えました。

 

そうすると、これまでどうしようもなかった脇汗をかくことが殆どなくなっていったので、やはりストレスで溜め込んでしまっているものを発散する機会がなかった為に、脇を通じてにじみ出ていたんだなと実感しました。

 

また、お付き合いを始めたり出会ったばかりの男性とデートをする時などに、緊張すると冬でも脇汗をかいてしまうことも多々ありました。

 

やはりその証拠に、次第に慣れてきてお付き合いが気楽になっていくと全く脇汗は書かなくなりいつの間にか忘れていたくらいです。

 

もし、脇汗が止まらない…。と悩んでいる方がいたら、少しでも早くストレスや緊張から解放される自分なりの方法を考え出すことをお勧めします。

 

また、止まらないからと焦ってしまっては逆効果なので、焦らずに対処してください。

 

ストレスを溜めない工夫をしよう

 

ストレスが高まることで、体内である現象が起こります。

 

それは、男性ホルモンや副腎皮質ホルモンの大量放出です。交感神経が興奮した状態で分泌されるアドレナリンも大量に放出されます。

 

その結果、皮脂の分泌が促進されてしまい脇汗が発生します。

 

体臭の原因にもつながりますので、まずはストレスを溜めない工夫が、脇汗をおさえる方法の一つになります。